​​著書

【単著】

  • 大倉茂『機械論的世界観批判序説――内省的理性と公共的理性』学文社、2015年

【共著】

  • 大倉茂「三木清」「戸坂潤」「カッシーラー」、『いま読み直したい思想家9人』梓出版社、2020年

  • 大倉茂「カブトムシから考える里山と物質循環――『自然の社会化』と『コモンズ』」、尾関周二、環境思想・教育研究会編『「環境を守る」とはどういうことか―環境思想入門―』岩波書店、2016年

  • 時代をつくる文化ラボ『リアル世界をあきらめない』はるか書房、2016年

  • 大倉茂「環境危機を踏まえた人間の現代的なあり方――『ケアの倫理』批判から考える」、上柿崇英他編『環境哲学と人間学の架橋』世織書房、2015年

  • 大倉茂「エコロジー的主体とエコロジー的社会の探究」、尾関周二他編『環境哲学のラディカリズム』学文社、2012年